2019年12月08日

12月8日基礎クラス稽古場日誌

こんばんは。最近の悩みはお家でコタツから出られないことです。順司です。
最近本格的に寒くなってきたので厚着しないと凍えちゃうんですよね。寒いので皆さんも体調管理には気をつけましょうね。

さて、今日午前中はアップ。それにあれは...なんだ?壁を用いて片足立ちなどしました。
片足立ち自体は簡単なんですが、それをわざと両足のかかとをくっつけて180度開いてからやると難しくなるんです。
片足立ちをするときによろけてしまうのは重心がぶれているからだそうです。足を開くのはそうすることで重心がぶれやすくなるんですって。重心がぶれないようにするには「体に一本の糸がつるされているマリオネット」を意識するといいんだそうです。これを通して舞台上でどのように体を動かせばどのように見えるかを演じるときに意識するんですって。

午後は「てっちゃんのつばさ」という台本を読みました。
この台本は小学校1年生の子供たちの話ということで...かわいく。と言われました。はい。むつかしかったです。
杉さん曰く、「自分の年齢が上よりも、下の人の表現のほうが難しい」のだそうです。なんでも、過去の自分の経験によって分かりやすい小学生像や中学生像というよりも、リアルな表現になってしまうようで...。
どうすればいいのかも結局理解できなかった....悔しい........

今日はこんな感じの稽古内容でした。言われていることをメモし忘れていたりしてるかもしれないのでちょっと抜けているかもしれません。すみません...
こんな夜遅くの送信になってしまいごめんなさい。おやすみなさい。
posted by 演劇声優塾生 at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: