2019年06月23日

6月23日実践クラス稽古場日誌

男女比驚異の1:3
二人も学生さんがいる。嘘やん。

日誌担当、星野秀明です。

午前中は四種のアップ、そして読み聞かせの稽古を受けました。

読み聞かせをする機会など今までなかったので、色々試行錯誤して臨みました。

抑揚、スピード感、擬音、テンションの張り方…。ヒントを知ってからは多少自由にやれたような気がしました。

午後からは「さつき」の朗読・台本の細分化、「アメニモマケズ」の朗読稽古を行いました。

「さつき」の稽古は応用の延長で、かなり徹底的に稽古をつけていただきました。個人的にはかなり課題が残る稽古でした。「明と暗をつける」ことが前回の応用からの宿題となっていて、先生曰く「もっとやれる。まだ甘い」とのことだったのでした。もっと分かりやすく明暗をつけて次回の稽古に臨みたいと思います。

細分化については、台本に書いてある情報が「いつ、どこで、誰が、何を、何故」まで把握し、台本の世界を細分まで理解しないと、台詞を読んでいる状態になってしまうので、これからも台本をもらった際はまず細分化から始める癖をつけます。

最後に「アメニモマケズ」の朗読稽古を受けました。

4人ともそれぞれに感想をもらい、自分が貰ったのは「喉に声が引っかかっている」というものでした。これのおかげで自分の武器を減らしているみたいです。当分の課題はこれを治すことになりそうです。

以上です。お疲れ様でした。

星野秀明
posted by 演劇声優塾生 at 18:25| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: