2017年07月23日

7月23日実践クラス稽古場日誌

こんにちは!稽古場日誌を書くのが2回目になるみのりです!!
最近暑いと思ったら急に雨が降ってきたりして大変ですね!ちなみに私はだんとつ冬の方が好きです!!!

今日は、午前中はアップをしました!…はい、アップだけです!笑
柊亜さんが午前中に言っていた言葉「午前中は私達じゃなくて2人(奏音くんと香里奈ちゃん)の稽古…?」全くそのとおりです、はい…笑

そんなこんなでお昼を食べ、午後からの稽古は「さつき、さくら、雨のなか。」をやっていきました。やったんですが、私が成長しないばかりに私だけが何回も何回も繰り返し読み稽古をやってしまい、柊亜さんと千聖にとても申し訳なかったです。この台本は読めば読むほど奥が深いなと思わされます。その役がそのときどんな思いなのか理解しなければセリフはセリフとして成立しないなとも思いました。

とても難しいものです、お芝居って…
実は午後、さつきもやったのですが、結構長い時間杉さんのお話を聞くということもしました。
そのお話の内容は様々…「善悪は存在しない」やら「『現実』と『事実』と『真実』は全く違う」やら……今日は人生論を教わった、といっても間違いではないと思います笑

あと、午後の稽古のなかでとても私の心に残ったのが「固定概念をなくす」ということでした。
(これはさっき書いた「善悪は存在しない」と同じことなのですが)例えば、ある出来事があったとします。ある人はこの出来事は絶対に許されない、またある人はこの出来事はいいことと言いました。
…はたして、この“出来事”は本当に許されないことなのでしょうか?本当にいいことなのでしょうか?本当に??
私の語彙力がたりないばかりに、わかりずらくなってしまったと思うのですが、この「このことはいいこと」というような自分が決めつけている固定概念をなくすことが役者には大事ということを教わりました。
役者は様々なことを考え、理解し、取り込んでいかなきゃいけないので本当に難しいと思います。私には超えなければならない“山”がいっぱいあるなあーと感じた稽古でした!


そして、余談なのですがお昼休憩中に稽古場の窓からみえる木に綺麗な鳥がいて、もうすぐ小学生の奏音くんと小学生(笑)の千聖(千聖は実際中学生です!笑)と華のJKの私、みのりできゃーきゃー騒いでいました笑
その鳥はとーっても綺麗で、その鳥が去っちゃったあとも「またあの鳥みたいねー」と言っていたのですが、稽古が終わったあとに千聖からあの鳥の名前が「オナガ」ということがわかりました!という連絡が!!
一体千聖はなぜわかったのだろう…でも名前が知れて嬉しかったです♪
またオナガくるといいなー!
posted by 演劇声優塾生 at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

7月20日応用クラス稽古場日誌


どーも!えりちです\(^o^)/
みなさんご無沙汰してます!
暑さに負けず元気にお過ごしでしょうか?

20日の応用クラスでは、いつも通りアップしてから杉さんが到着し、“さつき、さくら、雨の中”をやりました。
やったのは、うめさんとさつきちゃんのシーン。今やってるのは、恐らく、テクニックなのかな?棒読みにならないように、尚且つ、喜怒哀楽を点で結び滑らかになるように意識しての読みをしました。
あれもこれもと考えてやっていると何かが疎かになったりして演技は奥が深いですよねえ。
物語の世界に入り込む。まるで、キャラの身体に入り込んでいるように…って直ぐできれば、苦労しないのですが(笑)
頭が良ければなあ。知識量と経験値が多ければもっと表現に厚みがでるのに。日々勉強しろってことですね!!
しかも、初見で自分だけの力で読むってことは相当、経験値が高くなきゃできないですよね多分。
そうなる為の練習であり稽古ですがにこにこ私も早く、毎日演技日和にしたいなあ。頑張る!!

人のを聞いていると、あそこがダメだとか良いとか明確にわかるけど、自分のことになると急に、盲目になる。だから、指摘してくれる存在が有難いなと思うのですが!

そして、応用クラス20日をもって一時休止です。
みんなに会える時間が短くなるのは寂しいですが、この空いた時間をもっと有意義に使って行こうと思いますきらきら

それでは、またねえ〜\(^o^)/
posted by 演劇声優塾生 at 14:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

7月13日応用クラス稽古場日誌



おはようございます!!バイバイ



本日日誌担当になりました、
『喜怒哀楽』と聞いた時に『喜怒愛楽』と変換されてた メルヘン柊亜です♪♪



前半はアップとすぎさんの過去話を聞きました♪

感情をオープンにしろと言われました。
喜怒哀楽、ですね。


ふつふつイライラしたりすることありますよね?
それは怒、ではないのです。
まだそれは心の内に抑えてる状態で、それが出た時、怒、に繋がるのです。


そんな感じを伝えてもらうために、すぎさんのあんな話やこんな話を聞いたわけです(`・ω・´)キリッ



そして今日も『さつき、さくら、雨のなか』をやりました♪
5つくらいの台詞だけでしたが、
悔しいの一言です。

悔しくってイライラしてました←

喜怒哀楽、私達はこれらを体験してるはずなんです。


自分はいなくてもいいんだって、いない方がいいんだって思うこと。



、、、。



別に病んでるわけじゃないですよ!!笑

そういうシーンなんです。


それに、みなさんもそうやっておもったこと、ありますよね??


それを同じように出すだけなのに。
どうも出ないっ、、、


もどかしくってムズムズします。



なんか、そういう自分の感情だったり行動だったりをもっと知るべきだなって思いました。

こんな時、どうしてるんだろうとか




あれ?私よく妄想してつい声が出ちゃうことあるっ、、

それって演技になってるのかもしれないっ!!!


なってますか?!これ?!





というわけで以上です^ - ^笑




寝過ごさない程度に、


おやすみなさい♪😴眠い(ZZZ…)
posted by 演劇声優塾生 at 22:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

7月9日基礎クラス稽古場日誌

おはようございます♪
鳥居 千聖です♪(^-^ゞ

今日の午前中は!椅子に足をかけた状態で体をV字に1分間キープしたり、腕立てを50回したりなどしたので…もちろん!筋肉痛になりました!!-w-w
(いたいよ〜(。>д<))

あと!次に最初は椅子を12脚全部を使って何かを表すことをしました!私は〔魔法のじゅうたん〕を表しました!午前中は柊亜さん、みのりさん、私の3人しかいなかったんですが!これをやる上での必要な3つのことがなんと見事に一人一人別れました♪
それは、「感情」・「物」・「風景」です!
魔法のじゅうたんは「物」に当てはまりました♪

それをふまえて!椅子の数をもっと増やして!3つのことを全部混ぜ合わせたものを表すことをしました!
しかし!2回目の全部を混ぜ合わせるのは難しかったです!(´・_・`)

そして!午後から辰哉さんも参加!4人でとある台本をやりました!その台本の内容の個人的なファーストインプレッションは重いというかシリアス系だなと感じる内容だったんですが…

そんなイメージだったのが!崩れました!崩壊しました!それは…明るく楽しくギャグっぽさのある感じでやりました!-w-w
演じる側としても楽しかった♪-w-w
本当に印象的なものになりました!少なくともしばらくは忘れられない!-w-w

そして!もう1パターンのバージョンでもやってみました!それは最初のイメージのシリアス系です!
しかし!難しかったです!
何よりも……
最初にやったギャグ系のが印象的すぎて!よけいに難しかったです!
そして!こんな考え方もあるんだなと学びました♪


おつかれさまでした♪

次回もよろしくお願いします♪(o^−^o)
posted by 演劇声優塾生 at 21:49| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

7月6日応用クラス稽古場日誌

おはようございます!稽古場日誌担当の前原辰哉です!だんだん気温も暑くなってきて夏を感じる季節になってきました。暑さに負けず頑張っていきたいと思います!
1番到着したは自分。杉さんととうあちゃんは遅れて来るので1人で黙々とアップを行っていました。最近意識しているのは吸った息を吐ききることと肩と胸の力を抜くことを重点的に意識しています。自分はまだまだ力がうまく抜けきれていないので、もっもリラックスと脱力のアップを頑張っていきたいです!
そして、アップも終わり杉さんととうあちゃんが到着しました。今日稽古したのは最近は応用クラスでお馴染みの「さつき、さくら、雨の中」をやりました。もう何回やったのか覚えていませんwでも、それほどこの台本には覚えることがたくさんあるんだなぁと思いました。
そしてきょうは前回の稽古でやった「抑揚」を引き続きやりました。ページ数は8・9ページのところのうめの人格が変わるシーンです。今回のポイントは「人格」でした。うめはお父さんであるうめと殿様であるうめの人格が2つありその演じ分けをやったのですが、とても難しいかったです。そして、うめの空気に呑まれないよう茶月は流されないこと、茶月もここのシーンはとても大変だと実感しました。
「人格」の上で大切なのは「作る」のではなく自分のキャラを「イメージ(表現」すること、その上でスピードやトーンなどで味付けをする、このことを今日は杉さんから学びました。
なんやかんや今回はとても難しい稽古でした。でも、その分やりがいがとてもあり充実した稽古内容でした!それでは次回の稽古でお会いしましょう!
以上

iPhoneから送信
posted by 演劇声優塾生 at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする