2016年09月29日

9月29日応用クラス稽古場日誌



ども〜!お久しぶりです!えりちです!


今日の応用クラスは、それぞれの出された自主課題をやるというものでした。

えりちはですね〜!歌\(^o^)/
最近、歌の練習してなくて良かったものがまたどんどん落ちてきてるのを実感した時間でした。
やるならやってやろう!っていう勢いと自信のなさから反省点ばかりの課題になりましたね。
歌うの好きだけど、改まって人前で歌うとシャットアウトしちゃうらしい〜!緊張するし、自信ないと落ち着きなくなるみたい。そらそうだ!
確かに言われてみればソワソワしてた。
一先ず言い訳しちゃう自分を恥じたよ。
今日言われたこと直して次のステップへ!
プルスウルトラ\(^o^)/←

とーあちゃんは、父と娘の会話。
私は、こう!って言う気持ちを出しちゃうとその後に続く台詞が不自然な流れになってしまう。と杉さんから指摘を受けていた。
それは、私も良く思う。自分があまり理解できない考え方だと戸惑う時ある。でも、それをやってリアルに魅せるのが役者でもありますよね。
自分はこう、そしたらキャラは?相手は?どーゆー気持ちで流れで動きで言ってるのかそこまで考えて初めて台詞って出てくるのかななんて思いました。
あと、基本はどの役でも遊べるとは思うのだけど、表面的にあまり遊びが出来ない役もあるのだなとは思いました。

小町さんは、抱きしめたいの朗読。
杉さんの言う、この詩も元は歌で、歌も結局は詩だから。同じ“うたう”でも、そこの違いが、中々難しいところ。魂で叫べと。その言葉がとてもわかりやすい表現だと思う。
小町さんが魂で叫んだ抱きしめたいききたいな♪♪全てを出した小町がみたい。←

前の私なら理解できていないことも、少しずつこうかな?って思えるようになってきた!これも成長ですね!

日々の生活から変えていく!
今から変わる!何歳でも変われる!
みんな、頑張ってる!私も頑張る!

今日もみなさんお疲れ様でした!!

それでは、おやすみなさーい\(^o^)/
posted by 演劇声優塾生 at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

9月15日応用クラス稽古場日誌

こんばんは!
本日の日誌担当、磯長小町です!!


今日の稽古は個別課題ということで、一人一人与えられた内容や台本が違った稽古でした\(^o^)/
しかも昨日個別に内容が送られてきて、今日早速披露です(笑)

一人ずつ発表していくんですが、次はお前の番だぞ〜って当てていく時に、スギさんってめっちゃ思わせ振りな態度取りませんか!めっちゃフェイントする!笑
ガン見してきて次私か〜って思ってたら違かったり、反対方向向きながら急に指命したりする(笑)



とまぁ本題の稽古内容ですが、まずは辰哉君から朗読で「さくら」でした。
この前応用クラスでやったやつです。
捨て猫が人間に拾われて愛を知る的な内容です。
冒頭部分を読んだだけで止められ、「悲観的ではなかった」という捨て猫の心情を、じゃあどういう心情なのか?という問いに答えられず、ちゃんとそういうことを考えて読み込んでこなければならない、という感じで終わりました。


続いて麻見ちゃん!
「ういろう売り」を読みました。
先に歌舞伎のこういうものだよ、という説明がスギさんからありました。
難しいところはすご〜くゆっくりでいいから、つっかえないで読むということを意識してみて!とのことで、麻見ちゃん、一生懸命読む!
その一生懸命さに皆が和み、スギさんは「抱きしめたい」とか言ってる(笑)
ういろう売りって難しい言い回しとかいっぱいあって難しいよね。
私も初めて見たとき、何これ…って唖然としたもん(;゜Д゜)


続いて、私は「抱きしめたい」という朗読をやりました。
この朗読、先週の基礎稽古の時にも全員にプリントが配られたのですが、過去にもやったことがあって、私はen塾に入塾した月の夜間稽古がちょうどこの「抱きしめたい」でした。
で、早速読んだのですが、途中で止められ。
お前の中にちゃんとしたイメージが浮かんでいるか?と言われ、鮮明に浮かんでるところもあればぼんやりとしか浮かんでこないところもあるなぁと気付きました。
日常的でない部分は不鮮明なイメージのままでした。
お前がちゃんとイメージ出来てないから相手に何も伝わってこないんだ、て言われて、確かに…。うーん。もっと全ての場面を掘り下げてこないといけないな、と思いました。


最後は、とーあちゃんで掛け合いの台本でした!
結婚式前日の娘と父親のやり取りで、最初辰哉君がお父さん役。
でも途中で「相手の言葉を聞いていない」と言われて止められてしまいます。
そのあとスギさんが辰哉君とは全然タイプが違うお父さん役を演じたのですが、とーあちゃんのお父さんへの態度が両者で全く変わらなかったので、「お前は本当にこんなお父さんにもこんな態度なのか?今の見てどう思った?」って言われ、「うぜぇって思いました」ととーあちゃんw
ならその感じた感情を出してこい、相手が変わればお前の接し方も変わるはずだとのこと。
キャッチボールをうまくしろって感じでした。


えりちは喉を痛めてたので今回は見学で、発表したのは4人でした!
来週の応用クラスと25日の基礎稽古も休みなので、次の稽古は2週間後の応用クラス!
それまでにちゃんとやってこいって言ってました!

長くなったのでそろそろこの辺で終わります(^○^)
それでは、小町でした!!
posted by 演劇声優塾生 at 02:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

9月11日基礎クラス稽古場日誌

おはようございます!
今回の日記を担当する
星影亮二です!
お久しぶりです!

基礎クラス!と言うことでいつも通り筋トレから始まりました。
小町さん指導のもと始まりました。しかし俺とやり方が違うだと・・・?
という所で、今まで間違ったやり方でトレーニングしていた事が発覚。

人間、楽しようと無意識にフォームを変えて行くんですね・・・
ちょっとショックでしたとさ。

そんなこんなで午前中のカリキュラムが終了し、午後は講習関連へ。
朗読講習から始まり、雨ニモマケズを久しぶりに読みました。

雨ニモマケズは今までに何度も読んだ事のある文章・・・なはずなのに
全然キャラクターが定まらない。

キリスト教を伝える宣教師の愛を詠んだ詩なのにソレを伝えられない。
伝えることが出来ない。

自分の力量の無さを嘆くと共に、改めて感心しました。今の時代は平和だね。平和で良いねと。なんて深く重い詩なんだ!

次はインプロゲームへ。
演塾御用達のファミリーポートレートをやったんですが・・・正直カオスな空間でした(笑)

富士山から始まり、空港、運動会等と続いたのですが、まぁ杉さんに伝わらない事(笑)
このゲームのテーマはオーダーとアクセプトが出来ているか?です。
オーダーは飛ばせど、アクセプトされない。アクセプト出来ない。そんな空間でした。ここでも伝える事の難しさを味わいました・・・
基礎クラス恐るべし!

てな感じで終わった一日でした!
お疲れ様でした!
posted by 演劇声優塾生 at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

9月8日応用クラス稽古場日誌

おはようございます!前原辰哉です。
今日の稽古日誌は前原辰哉が担当します。久しぶりの応用クラスだったので、張り切って臨んでいきました!!
今日は枝里さん、柊亜ちゃん、自分の3人で稽古をしました。いつも通りきついアップを終え、杉さんが到着した後軽く板橋さんの公演の感想を皆で語り合い、今日の講習の朗読「さくら」をやりました。
最初に読んだのは柊亜ちゃんでした。柊亜ちゃんはにはうまくアドバイスを伝えることができず残念でした……。もっとわかりやすく明確にアドバイスを伝えられるよう頑張ります!
次に読んだのが自分なのですが、自分はちゃんと考えてよく読むことができず、今日も杉さんからのダメ出しをくらいました……。でも!大きなことを得ることができました!
それは朗読において語り手は観客に「何か」を伝えること
例えば「愛」を中心に伝えるのであれば、それにフォーカスを当てて明確に観客に語りかけるのが大事だなぁと思いました!
確かに自分はただ読んでるだけで「何か」を伝えることは全然意識していませんでした。次からは朗読においてはそれを中心に考えていきたいです!
最後に読んだのはえりさん!3人の中では先週の応用クラスに出席しており、ちゃんとポイントを把握しておりとてもうまかったです!拡散法や難しい抑揚などに果敢に挑戦しており、えりさんはやっぱり凄いなーと思いました。自分も負けてられないです!
そして、最後にいつも通りファミマに集まり杉さんの奢りでプリンを食べました!
以上前原辰哉でした!


iPhoneから送信


iPhoneから送信
posted by 演劇声優塾生 at 23:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

9月1日クラス稽古場日誌



どうもー!えりちです!
久々の日誌です( ^ω^ )

今日は、あれれ?
開始まさかの私ひとーり!!

1人を存分に満喫しつつ、アップストレッチを黙々とやり、小町さんがやってきた!ヤッター\(^o^)/待ってたよ相棒!笑

そして、杉さん到着し、本日の稽古は朗読?なのかな?動物目線でのお話。悲しいと書いてあれば悲しみ、楽しいと書いてあれば楽しい。そう言う表面的な言葉だけでやらないように意識してても、どうしても初見で読むとそうなってしまう。色々な意図を読み取りたいですね。

うーむ。言葉に頼らないって難しい。
普段自分が言葉に頼っていたりするのだろう。
それでも、不機嫌オーラだけはいっぱしだから困っちゃうよなあ(笑)
それだけの思いやイメージを直ぐに出せないのが辛い。
遊んでやるときめたのに、その勢いと勇気がないのが問題なのかなと思いました。

小町さんは、とてもしっかりセリフ言えてて、流石滑舌いいな!大体私と同じこと言われてました。
言ってることはなんとなくわかるけど、それをやるとなると中々できないもどかしさがありました。

次もやるみたいなので、杉さんから言われた、言葉と行動以外での表現をするってことを課題として次までにやってきます!がんばるっぺ!

それでは、またねきらきら
posted by 演劇声優塾生 at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする